「もしかして、水虫?」そんな風に不安になった経験はありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてる…少しだからと放っておくと大変なことになりますよ。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

感染症の水虫の治療と予防のための口コミを参考に

水虫になる原因は、白癬菌という菌が皮膚に寄生してしまうことにあります。
白癬菌が過ごしやすい環境というのは高温多湿の場所です。
特に一日中靴を履いて過ごす仕事をしている人が多く、足の水虫になる人が9割近くの人になります。
以前は男性の悩みとしての感染症でしたが、現在は女性も水虫になる人が多いという口コミもよくみかけるようになりました。
白癬菌は人の爪や皮膚のケラチン好んで生息します。
水虫は感染症と言われていますが、絶対に感染するということはありません。
水虫に感染している人のはがれた角質を踏んだだけではなりません。
その角質を踏んで、なおかつ白癬菌の好きな高温多湿の環境になると感染してしまいます。
水虫はさまざまな場所に感染する感染症です。
足の指の間に感染した場合にはジュクジュクして皮膚がめくれます。
爪に出来た場合は、縦に白い線がつきます。
太ももの内側に出来ることも多く、かゆみを感じます。
水虫の治療には塗り薬と飲み薬があります。
太ももの内側に出来たり、指の間に出来た場合は塗り薬で治療します。
足の爪に出来た場合塗ることが出来ないので飲み薬で治療します。
治療を体験された方の口コミによると塗り薬で治療した場合1ヶ月程度で完治したとの口コミが多くありましたが、飲み薬の場合は3ヶ月後程度治療にかかってしまったとの口コミもありました。
水虫にならないためには予防が大切です。
毎日清潔に足のケアをすることが大事です。
皮脂や脂がついていると感染しやすいです。
足の指が太い人は指と指の間に汗をかきやすいので、五本指靴下を履くことで予防が出来ます。
靴を毎日履き替えることも大切です。
温泉やスポーツジム等不特定多数の人が集まる施設では入念に洗うことが大切です。