「もしかして、水虫?」そんな風に不安になった経験はありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてる…少しだからと放っておくと大変なことになりますよ。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

水虫と医療と家庭について

水虫はとてもつらいものです。

気づけば水虫になっていた、そのような体験をしている方がとてもおおいものです。

水虫は、医療機関に行けば、お薬などを処方してくれたり、皮膚の一部を採取して、顕微鏡などで本当に水虫であるのか?などのチェックをおこなってくれます。

その場合、受診すべき医療機関は、皮膚科であり、皮膚科専門医の先生がいる医療機関に行けば、さらに丁寧に水虫について解説、および処方などをおこなってくれます。

しかし、水虫ごときで会社を休んでまで、医療機関などを受診に行く時間がない、なんとか家庭でなおせないものか、そのように考える方もおられます。

そのような場合、ドラッグストアなどに水虫の薬などが売っているため、そのような薬を家庭で使うことも1つの手です。

そのような薬をつかう場合には、まず、お風呂などにしっかりと入り、足をしっかりと丁寧に石鹸などできれいに洗います。

そのあと、お風呂から出た後に、その薬を家庭でつければ、じょじょに辛い症状がなくなっていきます。

または、家庭用の民間療法として、静岡などの地方では、お茶の葉による療法もおこなわれてきました。

これは、寝る前に靴下などをはく前に、蒸したお茶の葉などを水虫のいる足につけ、そして靴下をはき、そのまま、就寝をする、という方法です。

この方法で、実際に治った方が多くおられ、また書籍などで紹介された方法でもあります。

家庭で、このような方法で治すという手立てもあるため、なかなかドラッグストアや医療機関に行けない人の場合には、このような方法もおすすめであります。

また、靴や靴下についても、綺麗に保たなければ、いつまでたってもなおらないケースがほとんどです。