「もしかして、水虫?」そんな風に不安になった経験はありませんか?少し痒い、少し赤い、少しぶつぶつしてる…少しだからと放っておくと大変なことになりますよ。もしかしてあなた、水虫じゃないですか?

水虫の時のカーペットの使い方とは

水虫は感染する病気です、水虫にかかっている人がはだしで生活していますと白癬菌があらゆるところに散らばり、それが他の皮膚に付着してしまい感染してしまいます。
ですのでスリッパや靴などは家族とは共有しない方がいいのですがカーペットはどのように使えばいいのでしょうか。
カーペットは家族で使うものですのどうしても別々に使うことはできません。正しい使い方としては水虫にかかっている家族はカーペットを使う時に必ず自分の専用のスリッパを使うか靴下をはくようにしましょう。家族に感染させてしまいますと白癬菌がさらに散らばってしまいますので自分自身の治りも遅くなります。感染がさらなる問題の拡大につながるのです。白癬菌はスリッパを透過することはありませんので同じカーペットを使っていてこうすれば問題ありません。
また使い方として正しいのは定期的にカーペットを掃除したり洗濯する事です。カーペットによっては丸洗いできないものもありますがそれでも掃除機をかけることである程度は感染を防ぐことができます。
丸洗いをすれば完全に感染の危険性を防げますので必ずキレイにしておきましょう。ただしカーペットは必ずカラカラになるまで乾かしてください。湿っていますと逆に水虫の原因になります。
あと一人暮らしをしている方もカーペットは定期的に洗うようにしましょう、一人暮らしなら他の人に感染させる恐れはありませんが、それでも別の足に水虫を自己感染させてしまうこともあります。
水虫は広がる病気ですので必ず洗濯しましょう。
電気機能のついたものを使う場合は掃除機をかけるのと除菌スプレーを使うことで拘禁することをおすすめします。
使い方を間違えなければ水虫に悩まされることはありません。